title_suisosui

こだわりの水素含有量

独自の特許取得製法

平成16年に取得した製法特許は自社独自の水素水製造技術です。この技術により限界まで水素を溶け込ませ、水素保持期間を長くする努力をしております。弊社の製造方法は加圧式と言われる製法ですが、他メーカーが採用している加圧式製法とは異なる弊社独自の特許製法です。溶存水素濃度、水素の溶存期間の長さについては第三者機関で測定を行いHP上で公開しております。原料となる北アルプスの天然地下水は、特殊なフィルターを透過させ、マイクロバブルを製造工程に加えることで、従来の弊社の製法と比べ、より一層高品質な水素水の製造に成功いたしました。(自社従来商品との比較、自社調べ)

SPGフィルター透過+マイクロバブル前oem_img01-2

水素を逃がさない特殊構成のパッケージ

水素水で一番重要なのは、お水に閉じ込めた水素を逃がすことなくお客様に水素水を提供することです。水素分子はお水に閉じ込めておくことがとても難しい分子です。その為、水素水を入れる容器選びも重要です。 弊社が採用している容器は水素を逃がさない為に特殊な構成で製造されたパッケージを採用しております。 OEM製造も同じ特殊構造のパッケージを使用していただきます。

oem_img02-1oem_img02-2

製造工程フローチャート

水素水を製造する工程は水素水メーカーにとってはトップシークレットといえる部分です。 どのような技術でお水に水素を閉じ込めるか、メーカーによって様々な技術が用いられております。弊社の製造工程ももちろんトップシークレットではございますが、製造工程をフローチャートにてご案内させていただきます。 工場は随時見学が可能ですので、OEMをご検討いただく際はぜひ工場見学にお越しください。

flow-chart
水素水のH2濃度測定:最先端の測定機器を備える東邦大学医学部臨床検査医学研究室に、水素濃度をシーン別に測定していただきました!

安全でおいしい原水

立山連峰の天然地下水

名水の宝庫である富山県。その富山県の立山連峰から湧き出る天然の地下水を採用しております。弊社が原料として使用している天然地下水は富山県の常願寺川水系のお水です。

中性域の軟水で日本人が好んで飲みやすいお水の成分が特徴です。

品質管理

清涼飲料水の規格基準、弊社独自の水素水としての基準を日々チェックし、出荷判定を実施しております。

製造現場では徹底した衛生管理を実施し、お客様に安心と安全をお届けいたします。

水質検査

清涼飲料水の規格基準に適した定期的な水質検査の実施をいたしております。

放射線物質検査

定期的に放射線濃度の測定を実施し、放射線濃度の数値を確認しております。